信州ブランド

信州ブランド-商標登録.infoは、長野県の各種の産品等に関するブランド情報を提供しています。
狭義の地域ブランドのみならず、名産品、特産品、ブランド製品やサービスなど、信州ならではのブランドや商標にまつわる記事を掲載いたします。

長野県は、県庁所在地の長野市や、その周辺の上田、飯山などの県北地域、松本やその周辺の大町、塩尻などの県央地域、諏訪、佐久などの地域、伊那、飯田などの南部地域など、広域にわたる県内の各所に、それぞれの自然や風土にあった様々な地域ブランド産品があり、新しい特産品も相次いで開発されています。

当サイトは、「信州ブランド」編集委員会が記事の掲載、編集、ウェブサイトの運営・管理を行っています。 「信州ブランド」編集委員会は、弁理士事務所の支援・協力のもと、地域ブランド作りや商標の制作と登録のコンサルティングなど、信州ブランド支援のための各種活動を展開いたします。

当サイトの著作権

当サイトに掲載するコンテンツは、「信州ブランド」編集委員会がすべての記事の著作権を保有し、管理しています。

当サイトへの記事掲載

当サイトに信州ブランドの記事を掲載してほしい事業者の皆様、地域ブランドづくりと商標の制作・登録をご相談したい皆様は、「信州ブランド」編集委員会・協力弁理士事務所へお問い合わせください。当サイトの「お問い合わせ」ページから送信できます。

信州ブランド紹介

当サイトでは、信州ブランドを紹介しています。

佐久鯉

全国ブランドとして名高い佐久鯉は、発祥から220余年。
八ヶ岳と秩父の間、千曲川が流れ下る流域に広がる佐久の気候、風土と千曲川の清冽な水が、全国に誇る身の締まったうまい鯉を育ててきました。
昭和初期には全国一の生産量を誇り、博覧会や品評会でも、佐久鯉の優れた品質は日本一の称号を得ました。そして、当時の宮内省や陸軍のご用達の栄を賜りました。

佐久の伝統的食文化とも言える郷土料理として、各家庭でそれぞれ長年受け継がれて来た佐久の「鯉料理」の品々は、今も食文化ととして生きづいています。
かつては高級魚として慶弔時に食された贅沢な味でした。近年では観光資源としてのほか、健康に良いことがあらためて認識されきいます。

佐久鯉は、日本産の他地域の鯉に比べ、佐久鯉は体高が高く成長も早いことが特徴です。長年にわたる品種改良の成果です。

佐久鯉料理(佐久商工会議所)
「鯉こく」や「うま煮」など伝統的な料理から、「どんぶり」「おにぎり」など新しい料理までを紹介しています。

安養寺味噌・安養寺ラーメン

安養寺味噌は、信州味噌の原点ともいえる伝統ある食品です。
鎌倉時代、覚心上人が信濃国の佐久郡下平尾村にある安養寺へ、味噌造りを伝えました。
その後、安養寺周辺で造られた味噌が信州味噌の原点といわれています。

味噌醸造元の和泉屋商店は、信州味噌発祥の地、現在の地籍、長野県佐久市安原に現存する安養寺のほ場でとれた大豆を使用して、安養寺味噌を作り続けています。

また、安養寺味噌を使用した佐久市のご当地らーめんの「安養寺ラーメン」 も人気です。
佐久地域の各店にて、安養寺味噌を使用した様々な安養寺ラーメンを提供しています。

商標登録第5189693号
登録日 平成20年(2008)12月19日
出願番号 商願2008-33061
出願日 平成20年(2008)4月15日
商標 安養寺ら~めん
権利者 佐久商工会議所
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第30類:中華そばのめん,即席中華そばめん,調理済みのラーメン,中華そば用つゆ
第43類:ラーメン等の中華料理を主とする飲食物の提供

大王わさび農場

穂高川、万水川、そして犀川が合流するすぐ上流の安曇野の平地に、大王わさび農場があります。JR大糸線の穂高駅からも徒歩圏内にあります。
辺り一帯はワサビ田や、水田が広がり、西側には常念岳や蝶ケ岳などの北アルプスの山並みが広がります。

1917年から20年の年月をかけて、現屋を開拓し、大王農場は生まれました。
扇状地に豊富な湧水を利用したわさび畑も、今では観光客を呼び込むスポットとなり、環境庁名水百選「安曇野わさび田湧水群」にも選ばれました。
日本一の面積のワサビ田のほか、城内には大王神社、水車小屋、親水施設、レストラン、売店などの各種の施設があります。

わさび、わさび漬各種、お漬物、菓子、蕎麦、アイスクリームなどのわさび風味のオリジナル商品が開発されています。

商標登録第1892076号
登録日 昭和61年(1986)9月29日
出願番号 商願昭59-66722
出願日 昭和59年(1984)6月25日
商標 大王わさび農場
権利者 有限会社大王
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第29類:食肉,卵,食用魚介類(生きているものを除く。),冷凍野菜,冷凍果実,肉製品,加工水産物,加工野菜及び加工果実,油揚げ,凍り豆腐,こんにゃく,豆乳,豆腐,納豆,加工卵,カレー・シチュー又はスープのもと,お茶漬けのり,ふりかけ,なめ物,食物繊維・動植物抽出物・ビタミン・ミネラルを主成分とする粉状・顆粒状・錠剤状・固形状・液体状又はカプセル入りの加工食品
第30類:コーヒー豆,穀物の加工品,アーモンドペースト,ぎょうざ,サンドイッチ,しゅうまい,すし,たこ焼き,肉まんじゅう,ハンバーガー,ピザ,べんとう,ホットドッグ,ミートパイ,ラビオリ,イーストパウダー,こうじ,酵母,ベーキングパウダー,即席菓子のもと,酒かす
第31類:食用魚介類(生きているものに限る。),海藻類,野菜,糖料作物,果実,コプラ,麦芽
第32類:飲料用野菜ジュース

松本民芸家具

松本の家具の歴史は古く300年以上の歴史を有しています。
大正末期には、日本一の和家具の生産高を誇っていました。
その後戦争を経て衰退著しく、当時、それを伝え聞いた柳宗悦氏が新作民芸運動として、松本の伝統ある手工芸の復活を望み、それに共鳴して職人たちが家具製作に取り掛かったのが松本民芸家具の始まりです。

松本民芸家具の特徴は、ミズメザクラを主要材として、欅、栃、楢などそのすべてが日本国内産の落葉高木によって生産されています。
1974年、当時の通産省指定の「伝統的工芸品」に、家具の分野では全国に先駆けて「松本家具」として指定を受けました。

松本駅の東側には、数々の民芸品を扱う土産物屋が並び、松本民芸家具の重厚な色合いの作品を目にすることもできます。

松本家具工芸協同組合/松本民芸家具

Share: